運動性記憶

つまりざっくりすると

柔術や柔道による

「打ち込み」

「約束練習」

等はこれに通じている。

ゆっくり確実に繰り返す事により


に強く記憶される。

ここで大事なのが

相手は動いている状態と

動いていない状態がある

という事だ。

止まっている相手への打ち込み

動いている相手にはかからない!?

打ち込みには工夫が必要という事だ。

柔道には「移動打ち込み」がある。

実践でに強く記憶させるには、

「移動打ち込み」の量を増やす必要が

あるのではないかと…

ボクシング🥊でも

約束練習でカウンターの練習を

何回も何回もする

気づいていたら染み込んでいる

やはり

動きの中でのを磨く事が

これからの全ての選手の課題だろうな

おざす

^_^